大興奮の富士サファリパーク ジャングルバスの攻略法をご紹介します

こんばんわ。シンパチです。

人生で極上の時間を得る為に、今日も戦略的に活動していきます。






富士山2合目にあるキャンピカ富士ぐりんぱでの2泊3日のキャンプ記事を書きました。

《参考記事》
これまでで最強!?キャンピカ富士ぐりんぱ(キャンプ場)をオススメする理由5選


今回は2日目に行った富士サファリパークについてです。





まず結論ですが、

『す〜ごく面白かった』です。



最大の目玉であり、混雑間違いなしのジャングルバスを効率良く楽しむポイントをご紹介します。








ジャングルバス攻略法

富士サファリパークのジャングルバスについて説明します。


《公式HPより引用》
金網越しに迫る、野生の大迫力!

窓ガラスがない金網張りのバスに乗ってサファリゾーンに出発!サファリゾーン周遊の途中ではクマ・ライオン・草食動物へのエサあげが体験できます。 エサを求めて迫る猛獣との距離は約20cm!遮る物は金網だけ…動物たちの息遣いまで伝わる迫力です。



まさにその通りで、迫力ハンパないです!必ず体験すべきです。


ジャングルバスは、完全当日予約制になっています。(一部のWEB予約は除く)


パーク内にあるチケット券売機にて、乗りたい動物バス(トラ・ゾウ・サイなど10台あります)と、出発時間を選びます。


👉ポイント
基本的に早いもの順に埋まっていってしまうので、如何に早く、このチケット券売機までたどり着くかが最大のポイントになります。


⚠️シンパチが訪れたのは、8/28(月)です。夏休みではあるものの平日である点は考慮が必要です。



パーク入場は9時からです。シンパチは8時15分に到着しました。

すでにゲート前には列が連なっていて、シンパチは40台目くらいでしょうか。入場待ちの停車場所は係員の方に誘導されます。


こんな感じで車の列ができています。

⚠️パーク外のトイレがありますので、安心です。




開店15分前にはこんな感じです。休日は、パークの敷地を飛び出して、一般道まで連なることもあるそうです。




9時になるとゲートが一斉に開きます。予め、現金を手元に用意するなどして、もたつかないようにしましょう。ちなみにクレジットカードも使えます。入場料は大人2,700円、小人1,500円するので、これは助かります。


入場料を支払うと、係員の方に誘導されて、駐車場へ。


素早く駐車して、チケット券売機のところへダッシュしましょう。

シンパチが並んだ時は、前に3、4組しか並んでいませんでした。券売機は2台です。


券売機に、10台の動物バスそれぞれの乗車可能時間が表示されていて、そこから乗りたいバスを人数分選ぶ形になります。3歳以下は無料です。


👉どのバスに乗るかですが、内容に違いはありません。どうしてもライオンじゃなきゃイヤだ〜とかがなければ、早く乗れるのを選びましょう。


係員の方がいるので、わからないことは聞きましょう。みんな急いでいるので、乗りたい動物バスがあるか?なるべく早く乗りたいのか?それとも特定の時間が良いか?等は事前に決めておきましょう。


40台目のシンパチは9時10分前にはチケットをゲットできました!9時12分でこんな感じの並び具合です。これから続々増えていきます。




シンパチが予約したのは、9時40分のバスです。この段階で、確か2番目のバスである9時20分発も空きがある状況でした。


👉シンパチ妻がジャングルバス予約後に、ライオンの赤ちゃんと写真撮れる券を獲得する為、その時間を選択しました。



シンパチはゾウバスです。定員は30名です。




横にベンチがあります。ここで出発時間までウェイティングします。




ここでパーク入場から、ジャングルバスのチケット購入までのポイントをまとめておきます。





👉ポイント
チケットは当日予約制なので、ゲットできる時間帯を見越して、ゲートに並びましょう。

1日にバスに乗れる定員ですが、以下で計算してみます。

30人/1台 × 10台 × 4本/バス/日 ※1 =1,200人

※1 バス停は4つあり、時刻表を見ると10本の時刻が載っていました。







1台あたり、ファミリーが多いと想定し4名が乗っているとすると、1,200人 ÷ 4人で300台になります。

ゲートに並ぶ列は、1列6台だと想定すると、400台 ÷ 6台で50列目までは、まあまず間違いなくバスに乗れるという計算です。

⚠️トイレがゲート横にありますので、行くついでに何列目くらいかを数えて見ると良いかも知れません。



シンパチは平日の中でも比較的混んでいるであろう8月の月曜日に行きましたが、45分前着で余裕を持って選ぶことができました。特段早い時間に乗りたいという場合出なければ、オープンに合わせてでも良いかも知れません。待ち時間は必要にはなると思います。


休日はやばそうですね。早ければ早いほど良さそうです。1時間前に到着して、10時台ギリギリのチケットだったなどのブログが多かったです。(休日はオープン時間が早かったりするみたいなので、事前に確認しておきましょう)
なので、少しでも早い時間のバスを!ということなら、みなさん1時間前を狙ってきますので、それより前に着くことをオススメします。



富士サファリパークには、他にも当日予約制のイベントがあります。

シンパチは、ライオンの赤ちゃんと写真が撮れるイベントに参加しました。


《公式HPより引用》
ライオンの赤ちゃんを抱っこして記念撮影ができる、参加組数限定のイベントです。

1回目 / 10:00~11:00
2回目 / 12:30~13:30
3回目 / 15:00~16:00
ナイトサファリ開催日(4回目) / 17:30~18:30
※赤ちゃんの体調等により開催期間を変更する場合があります。



ふれあい牧場内ふれあい体験棟という入口よりちょっと離れた場所でチケットを購入する必要があります。

シンパチ家は、ジャングルバス発券後にダッシュでこちらに向かい、12時30分の回を予約しました。こちらも予約はうまっていましたので、早めに押さえておいた方が得策です。20分くらい待ちますが、ライオンの赤ちゃんはかわいいですよ。シンパチが抱っこして家族で写真を撮りました(ちょっと眠そうでしたけど)








ジャングルバスの実況中継と感想です

ジャングルバスに乗ると、このような餌箱が置いてあります。




長いトングで餌を挟んで、網の間から猛獣達にあげるのです。


運転手さんのトークがかなり早口でしたが小気味良いテンポで面白いです。

ジャングルバスを走らせていて、動物達を見つけると、ムツゴロウさん風に『あ、あの木陰にいましたよぉ〜』と教えてくれます。


そして餌あげポイントになると、

クマがのっそのっそとバスに寄ってきて…




餌を差し出すと…(獣の匂いがハンパない、これの感覚がリアルです)




ガブリといきます!ものすごい迫力なのですが、テンパりすぎて現実の実感がないです。シンパチ家は子供が妻と一緒にあげていましたよ。驚きと興奮がMAXです。




続いてライオンです。運転手さん曰く、夏バテで遅い時間だと全く食べない場合もあるとのこと。


シンパチ達はどうだったか…百獣の王のオスは全く反応せず。。





メスは違います。恐ろしい表情と牙を剥き出しにしてガブリ。




動物界ではメスがやはり強いのでしょうか?舌が長いです。子供達もビビりながらも、さらにさらに大興奮。




このあとはラクダにフレークのような餌をあげるポイントがあります。




各ポイントで例の運転手さんのトークが続いていきます。


シンパチ的にはトラがカッコよかった。トラは群れずに単独行動らしく、ほとんど動かないライオンと違い、周りを威嚇するかのごとく力強く歩く姿にホレボレしました。虎模様も艶があって良い!




他にも、泳ぐゾウや




シマウマ達も近くに寄ってきます。まるでサバンナに溶け込んだかのよう。




マイカーで廻るのと同じコースではあるものの、その迫力は段違いです。

動物達の息遣いが聞こえてきそうな距離感は、大興奮間違いなしです。



マイカーで廻った時の写真です。シンパチ子供が撮影📸

ゾウさん




殆ど動かないサイ。巨大です。




キリンとパトロール車のコラボです。




ラクダが道路にはいってきちゃったトラブルです。こんなびっくりが起こります!




シシガミ様?(byもののけ姫、わかりますかね?)




ディズニーの美女と野獣のモチーフはバッファローらしいです。(by運転手のおじさん談)




以上が、富士サファリパークのレポートです!子供達はもちろん、大人でも十分に楽しめる施設です。


パンもかわいいですよ。




ジャングルバスをメインに出来る限り、色々なイベントに参加した方が良いですよ。

ぜひ楽しんでください!


ブログランキング参加中。ボタンをクリック頂けますと励みになります!応援よろしくお願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

こちらも合わせてお願いできればうれしいです↓





拍手を頂けますと、大変励みになりますのでお願いします!
関連記事
ページトップ
img { max-width : 90% ; height : auto;}